園芸講習会

 
 

過日になりますが、11月最後の日曜日に園芸講習会に呼ばれました
町会婦人部の親睦に冬の寄せ植えができませんかとの依頼でした
講習会費用は2500円
2Fの座敷ということでブルーシートやら参加者役員の皆様の協力を得て花材や用土を階段であげたりとバタバタワイワイと講習会をさせていただきました。

200912021115361050.jpg


















多少つめこみ気味な寄せ植えですが、冬は少し多くてもOKだと思います

花材は
基本
エレモフィラ・ニベア、コニファーイボンヌ、ガーデンシクラメン、プリムラジュリアン、スィートアリッサム
選択花材として
プリムラマラコイデス、ユリオプスデージー
鉢は
大和プラ:ブーケポット
おまけでクリスマスピック2ヶ
でした。

寄せ植えが好きになってみんないっぱいご家庭に飾っていただけると嬉しいですね

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

天気は急変する

 
 
さて昨日はぽかぽかの小春日和でしたが、今日は一転従来どおりどんより鉛色の空です。
これが本来の天気とはいえ、外仕事には向きません。
頑張っている職人達には頭が下がります。

昨日雪つりのことを書きましたが、昨日の晴天の写真をつけます。091127_141027.jpg091127_141043.jpg










やはり雪吊りは芸術ですな 最近同業者に近況を聞いたら、
「石川県の雪つりとかピークの1/4らしいよ」
とのこと。
数字は何を基準にしているかは定かではないけど、実感としては同感です。
仕事の減少は死活問題なのですが、歴史的文化的そして技術伝承の側面からも
あまり喜ばしいことではないです。

家に対する愛着や、庭やご近所といったコミュニティまで、少しクールになりすぎているのかも

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

もうすぐ師走です

 
 

もう11月も終わりになりました。この時期うちの職人たちは個人宅の雪吊りに忙しい時期です。
石川県は兼六園の雪吊りが有名ですが、個人宅にも樹木に雪吊りを行います。
この地より北に行けば雪吊りよりも雪囲いの意味合いが深く、お庭をすっぽり雪より隠すしつらえになってきます。
その点、石川県の雪吊りは木の保護目的と、見た目の美しさも要求されます。これはやはりこの地の文化の一つではないかと思います。
冬本番も、温暖化の影響で、最近では1月中ごろから2月にかけてと雪を心配する感覚が鈍くなってきました。
この不況も後押しし、雪吊りをするお宅が少なくなってきたことに、商売としての危機感も感じますし、文化の衰退が多少なりとも感じます。

雪は降らないことはないので雪吊りのお問い合わせお待ちしております。


 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

今日は卒園式の打ち合わせ

 
 
今日一番の仕事は保育園の卒園式に飾るお花の打合せでした。
市内の保育園での打ち合わせでどういう風に昨年は飾ったとか、こういう風にしてみたい
大きさや、色合いといったお話をしてきました。
090306_095815.jpg









担当の先生もやはり卒園式は力がはいっていて、そのパワーに負けないように良い花を納品しなければと思いました。

やはり良い花は良い生産者さんによって作られるのでマメに市場に出入りし、実物をみなければなりません。
セリ人にも聞いて探してもらったりもします。


でもやはり3月ですねこういったお話をいただけると春が来たようで楽しい気分になります

本日はもう一つ。市内のシルバー人材センターの方向けに造園の技術指導の講師もしてきました
僕の担当は、肥料についてと、庭園の下草についてそして箱庭(コンテナガーデン)での実技指導です
シルバー世代の方への技術指導はうがった見方をすれば、同業者を増やし自分達の仕事を減らす脅威になるのでは!?ということで賛否両論なのですが、プラスに考えれば、お庭に対するよき理解者を増やし、もっとお庭を大事にするそして造っていく方を増やすことは市場拡大にもなるので、今日はきな臭い商売上の話はナシにしてお話をしてきました。
090307_082352.jpgこちらが作庭実技講習の作品例です。、富士石と下草そして椿を使って和風の庭園を作ってくださいという説明もそこそこ皆さんは思うがままに鉢の中で世界をつくっていました。
正直、なんとなく作りなれていて、こうした方が一番いいと勝手に思うプロ根性が邪魔してできないような、独創的な作品もあり、発想は無限であり学ぶところが沢山ありました。

白山市は持ち庭率の高い地域だと思います。和風にしろ洋風(現代風)にしろもっと沢山の人に庭や植物に触れて癒していただけるような環境づくりをしなければいけないと感じました。

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

研修旅行(大阪編)

 
 

先週私が入っている業界の青年部の旅行がありました。
1泊2日大阪・京都の旅です。
大阪は四天王寺本坊、そして太閤園を見学して回りました。

200902200959173183.jpg














◆四天王寺はかの聖徳太子が建立したお寺であり、その歴史は飛鳥時代までさかのぼる由緒あるお寺です。
本坊庭園は極楽浄土をイメージしたお庭で、回遊式庭園です。
昔からあった庭でなく、現在の管長が大阪に名園が京都に比べると少なく、大阪の活性化とお寺をもっと沢山と人になじんでもらう為に整備した背景がある庭園です。

現地での確認はできませんでしたが、後で調べると、朝鮮半島での銘石が数多くお寺に存在し、それらを使われていることからしても、歴史のあるお寺であることが理解できる。2009022010133222878.jpg















他にも銘石が多く入っていてすごいお庭でした。

なかなかお庭を作庭する方が少ない中でこういったお庭は貴重であると思いました。
僕らももっと沢山のお庭の魅力を伝えて沢山の方にお庭を造っていただきたいですね


2番目の写真中央はおそらく瀬田の真黒石ではないかと思われます。それにしても大きな真黒石だな貴重品であると思います

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

薪ストーブ

 
 
今日はせっかくの土曜日ですが雨です。(雪でなくて良かった)
本日まで全品2割引のサービスを行っています。是非とも駆け込みでのご来店お待ちしています

RIMG0005_edited.jpg
さて、2007〜8年は原油の高騰があり、暖房費が増大の年でした。

うちの店も石油ストーブをメインとして暖房をしていました。今年の灯油の価格は以前に比べるとだいぶ安くなり、まぁ大丈夫かな・・と思っていましたが、今後のことも考えると対策は必要ということで

今年度は薪ストーブを導入したんです。


以外に暖かく(全体がほっこり暖かくなります)重宝しております
他のご家庭でも使われている方もいるのでしょうが、以外にお金がかかるのが燃料の
ですRIMG0004_edited.jpg
そこは抜かりなく、うちのもう一つの顔が造園(庭師)ということで薪になる原木はお客様のところから剪定等で切らしていただきます。


最近は剪定ゴミの処分費も年々増加の傾向で、お客様への負担も増大の可能性があるので、ここで剪定ゴミを薪にして処分費の一部削減に取り組み対応していこうということで一挙両得を狙いました。・・ハイ

しかし薪ストーブの弱点は燃料を入れ続けなければならないということで、稼働は昼間のみということで、夜は従来どおり石油ストーブさんの力を借りることになっています。
燃料費は≒半分くらいになればなぁと期待はしています

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

高校生の職業観・就労観

 
 
先日から3日間我が母校の高校生2人がインターシップ事業の一環で弊社に職場体験にきている。

そこで感じるのは、絶対的に『働くということの経験がなさ過ぎる』ということ。
そして、『将来こうなりたい!といった明確なビジョンがない』子が多いということ。

自分達の時代ははどうだったのか?
これも同時に考えてみた。
自分達の時も明確な答えや夢を持った子はあまりいなかったように感じる。

じゃぁ、そんなもんじゃない?って思えるが、今の子は明らかに社会への適応が鈍い印象がつよく。柔軟な子や、はしかい子(松任弁?)が少ないように思える。
我慢や、忍耐といった言葉にも無縁な子も多く、叱りがいがなく、うかつに叱れないといった弊害も雇う側にあるように思える。

大人になったら働くといったことは、義務であるということをもっと強く言わなければならないし、
仕事に夢を持たせ、現実のつらさをフォローすることは雇う側の人間もしかり、大人である私達の責務だと思う。

でも、せちがない社会に自分がつぶれかかって他を見れないのも現実だな。
がんばらねば。

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

インターシップ事業

 
 
僕は松任農業高等学校造園科の卒業生です。
現在は翠星高校という名前に変わり学科も選択性になり、造園学科はグリーンデザイン科という名前に変わっております。

僕も青年会議所で職業観や勤労観というものをテーマに小学校等で事業を行っていますが、このインターシップ事業はその高校生版です。

僕も卒業生という立場もあって、こういったご依頼については積極的に参加してこうと思っています。

それで先日このインターシップ事業が行われるのでその事前に心構えなんかを話してくれないか?ということで生徒達の前で50分ほどお話をさせていただきました。

自分達のときはどうだったかな?なんてことを考えながらクロストークの形で進めていった。
というか、一方的に話すような授業は正直言って今の高校生は半分以上は寝る。僕も眠いしね〜

まずは、造園ってどんな仕事があるとおもうけ?…
2〜3種でたとこで、よくわかりませんという答えが続出。
『あの、君ら行くとこがどんなとこか考えたことないんか?不安じゃないけ?』といってしまいました。

まず興味があるナシはある程度しょうがないのかもしれないけど、一応単位制で自分で選択したという意識が低いように感じました。

多分何かのきっかけがあればとは思うんですが、今度来る高校生には有意義な3日間であればな〜と思います

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

夏の練習

 
 
先日。。っていっても結構前ですが、おまっとんずの練習がありました。

旧松任在住のメンバーでないと入れないという『秘密結社K○K団』みたいですが、そんないかがわしさはなく和気藹々(わきあいあい)とやっております










曲は
キャロルキング『ソー・ファー・アウェイ 』
サイモン&ガーファンクル『いとしのセシリア(Cecilia)』
などなど、

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

川北の花火

 
 
昨晩は川北の花火に行ってまいりました。
最近はいろいろな花火があるんですね〜
ピンクのもあったり、と大体は菊やボタンといった和風の花の名前がつくものが多いらしいです。













中身が取れませんでしたがヒマワリという花火もあります。
っと無理やり花と花火にかけてみました

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています
17件中(1件〜10件を表示しています)   前   |